中国、台湾人600人超を海外で逮捕 中国へ強制送還
(2021年12月3日)(アルファルファモザイク)
中国が2016~2019年の間に台湾人600人以上を海外で逮捕し、中国に強制送還していたとする報告書を、人権団体が11月30日に発表した。

スペインを拠点とする人権団体「セーフガード・ディフェンダーズ」は報告書で、こうした活動が「台湾の主権を弱めるための道具として利用されている」と指摘している。
台湾は独立国家を自認しており、海外で逮捕された台湾人は台湾へ送還されるべきだと長年主張している。
一方で中国は台湾を分離した省とみなしている。

※上記リンクより、一部抜粋しています。続きはソースで



続きを読む